個人の意識改革を通して 組織の風土改革をサポートします

組織改革の手法

組織改革の手法

組織改革を行うための手法は組織によって様々に考えられます。

組織は一つひとつ異なる存在であり、同じものはただの一つも存在しないからです。

組織の現状が異なるだけではありません。
その現状を「どのように捉えているか」が異なり、
その現状を「どのように変えたいか」も異なります。
 
その組織ならではの本質をつかまない限り、意図した変化は引き起こせません。

そのため、少なくとも以下の項目について、徹底的な調査が必要です。

組織改革の手法が機能するための必要条件

その1 その組織の成員が持つ現状認識 を知る

その組織のトップ、中間管理層、一般社員が自分たちの組織をどのように捉えているのかをまず明確にします。



その2 その組織の抱える現状 を知る

その組織が持つ現状認識と、実際の現状とは、隔たっていることがよくあります。
私たちのほとんどは、現実を認識するにあたって、思い込みに左右されてしまうからです。
その隔たりを実感して初めて、私たちは現実を動かすことに着手できます。



その3 その組織の成員が共通して持つ主要なパラダイムをつかむ

パラダイムに捉われている限り、どんなに努力しても成果が出ない、という罠に陥ってしまいます。
逆に言えば、パラダイムをシフトしてしまえば、努力とは別次元の大きな成果が手に入り始めます。



その4 レバリッジを確定する

有効な組織改革を行うためには、レバリッジ(その組織のどこに手を加えれば最も効果的な変化が起こるのか)を明確にする必要があります。




その5 リソースを掘り出す

変化を引き起こす手法はいくつも考えられるでしょう。

が、組織によって得意な手段、活用できるリソースは異なります。

その組織が取り得る最も有効な手法を探り、それらを複数組み合わせることにより、
最短の時間・最小のコストで最大の変化を起こすためのメニューを作成します。




powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional